退任ごあいさつ


 

 

 清秋の候、皆さまにおかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

 

 日頃より会員の皆さまには、白鷺会の運営に多大なるご理解とご協力を賜りましたことを

厚くお礼申し上げます。

 

  15期役員は、平成2611月より、本年1031日をもちまして15期としての2年間の会期を終了し、任期満了になるところでございます。

 

本年102日の総会に於いて、全ての議案が承認され、新役員として16期役員が111日よりスタートいたします。

 

 その際に15期役員の活動報告も第1号議案として承認をいただきましたので、簡単にご紹介させていただきます。

  イベント行事の最初に7月開催のプリザーブドフラワーの講習会がありました。会員の中には、いろいろな資格を身につけられてご活躍されていますので、今回は67期の登川様に講師をお願いいたしました。

 

928日には羽田整備場見学、11月14日は、岡崎財団の留学生をご招待し、和文化体験講座を開催いたしました。礼儀作法の所作の勉強と着物の着付け体験を実施しました。

 

 2016123日には新年会を、東京第一ホテルで開催。2期の大先輩から178期の方までの会員が参加してくださいました。

 

  会報誌「白鷺」41号は20156月に、「祝 新白鷺会設立30周年」を記念し、グローバル化してきたANAにちなんで、表紙もANAの国際線就航国にしました。第42号は20166月に、「ANA国際線就航30周年」をテーマに、ANAホールディングス株式会社代表取締役社長の片野坂 真哉様から2ページにわたり、国際線が定期化するまでのご苦労や想い出を語っていただきました。最後に、客室乗務員の笑顔と一生懸命なサービスがお客様の心を捉え、基本品質の中心にあるということでした。私たちが守り繋いできたANAのスピリットが、今なお在籍する7000人以上の後輩達に受け継がれているとの事を書いていただき、心が熱くなりました。この号からA4サイズの誌面にいたしました。

 

 

 

ホームページ開設してから、2期目に入り、イベント記事の掲載、支部会開催情報を随時UP。ホームページの問い合わせサイトからの入会者も増えてきております。

 

 去る34日に開催した臨時総会の議事録も、閲覧可能にし、ご欠席された方が情報を入手出来るように、ホームページの会員サイトに掲載いたしました。

 

  そして支部会についてですが、北日本支部会、中日本支部会、西日本支部会の3カ所の開催地に出席し、支部との太いパイプをつくり、今後も各支部が充実していってほしいと願っております。

 

  最後に102日に「第16回全日空白鷺会パーティー」を開催いたしました。

 

出席者125名、特別ゲストに片野坂社長がご来席下さいました。

 今回も現役crewで結成されたバンド「バンマツバンド」の皆さまにご出演をお願いできました。スケジュール調整が大変であったと思いますが、昔懐かしい曲目をご披露してくださいました。パーティーが大いに盛り上がることができ、厚くお礼申し上げます。

 

  また、このパーティーを開催するために、再度立ち上げたパーティー委員106~110期までの方が、15期役員と共に一生懸命準備をしてくださり、大きな力を提供してくださり、本当に有難うございました。お手伝い下さったパーティー委員に感謝申し上げます。

 

  末筆になりましたが、会員の皆さまのご健勝とご活躍・ご発展を祈念いたしまして、第15期会長の退任のご挨拶と致します。

 

 

 

              全日空白鷺会第15期会長 70期 栗木美喜子

 

 

 

                          ブロッケン現象